新都社シンドローム

提供: NeetshaWiki
移動: 案内検索

新都社症候群。ニイトシャシンドローム。

  1. 作品の評価を気にするあまりファンアートを貰える作者に一方的な妬みを持ち、どうせメッセで繋がっているんだろ?そうなんだろ?と自分の都合のいいように妄想を広げ、気がつくと妄想世界から出られなくなってしまい本物のニートになってしまう恐ろしい病態のことである。ちなみに伝染性はない (93号スレ>>16より引用
  2. 新都社に夜中まで居つき、成績が悪化、生活サイクルの乱れなどが生じる(患者M)
  3. 日常生活で「寒いよ」「早いよ」などの形容詞 + よを用いる際、マウスむずいよを連想してしまい、「マウスさむいよ」「マウスはやいよ」などと思わず頭の中でつぶやいてしまう(患者F)
  4. 読者ページは絵が上手ければコメントがつくと言う訳では無い。作家が描いた物はどんな物でもスルー、名無しには大抵コメントがつく。
  5. 症候群なので自由に追加してね^^