後藤ニコ

提供: NeetshaWiki
移動: 案内検索

後藤ニコ新都社文士。現在ニートノベルで『ぼく、彼女の、なんなのさ。』を連載中。

目次

[編集] 来歴

  • コ・リズムでデビュー
  • 一躍人気を博した当作品は文藝新都でブッチギリのトップを記録(ランキング消失により、既に伊瀬カツラ作品がランキングから姿を消していたため)
  • 作者ブログや本スレにて話題になり、漫画化もされた
  • もともと新都社では読み専だったらしい(作者ブログより)

[編集] 人物

  • 高い文章力と豊富なボキャブラリーを持ち、絵を描いたりもしている。
  • 京都大学出身の作家であり、作品の舞台は全て京都となっている
  • 「文芸作品コ・リズムを書き上げた」という実績の影に隠れているが、元々は頭のおかしい人間というキャラクターだった。新都社内で名前を出して暴れるということが無い為あまり知られていないが、作者ブログでは本能の赴くまま好き勝手に活動していた。その頃を知る人間にとっては今でも「後藤ニコ=メンヘラビッチ」という認識がある。これでもかというくらい繰り返しブログを全削除したり、突如活動停止したりと何かを臭わせる。

[編集] 作品リスト

[編集] 関連項目

[編集] リンク