サモンカード

提供: NeetshaWiki
移動: 案内検索
サモンカード
作者名 聖城
掲載誌 週刊ヤングVIP
概要 召喚バトル漫画
掲載期間 2005年8月13日〜
サイトURL http://extreme.freespace.jp/msy/summonscard/


『サモンカード』は、聖城によるWeb漫画作品。2005年より、『週刊少年VIP(現在は週刊ヤングVIP)』(新都社)にて連載されている。略称は「サモカ」、「サモン」。

目次

[編集] 概要

少年レガシーが父親の死後、レイドと名乗る青年から父親の遺産だというカードを受け取るところから物語は始まる。物語の一貫した主人公は設定されておらず、各章によりそれぞれ別の人物が主人公として設定されるオムニバス形式のストーリー展開である。ただし世界観そのものは一貫しており、ひとつの物語の中で各視点から見たストーリー展開で描かれている。

2009年12月現在、ストーリーは59話まで進行しており、休載期間を考慮しなければ『新都社』連載陣の中では、『覇記』『K』と並ぶ長期連載となっている(ともに2005年から連載中)。

連載開始当初は『週刊少年VIP』に登録されていたが、物語の中で性的描写が含まれたことにより、2006年7月28日より登録が『週刊ヤングVIP』に変更された。しかし、直接描写そのものは無いため、成人指定では無い。

ジャンルはカードバトル漫画であるが、遊戯王等のカード漫画ジャンルではなく、いわゆる能力バトル漫画という少年漫画にありがちなジャンル。カードという題材に至った経緯として、題材を考えていた作者が、「これまで描いてきた創作キャラクターを全部集めてトーナメントとかしてみたいなぁ」と、思い立ったことに由来したもの(ただし、連載開始後よりその考えは実現されていない)。ちなみに作者いわく「遊戯王はやったことない」とのこと。

[編集] 休載

連載初期は人気作として名前が上がることも少なくなかったタイトルだが、一方で休載が非常に多く、2006年以降はほとんど更新が無いという状態が発生した。各年における更新話数(後述)を見ても明らかである。

作者が名言した休載宣言は2006年の4月~7月の4ヶ月間、2008年の3月~6月の4ヶ月のみで、その理由はともに「生活環境移転によりネット環境が確保できないため」とされている。ところがそれ以降も更新が途絶えることが多いが、作者自身は他の連載をしたりオフ会にも積極的に参加するなど新都社を離れていないことが確認され、批判や非難の声が上がっている。

また、これが原因により読者離れが進み、2009年現在、連載当初のような反応は無くなってしまっている。

一応、更新再開を待ち望む声もあり、作者自身も「投げる気はない」としている。

各年の本作品更新話数
更新話数更新範囲備考
2005210~20話8月から連載開始の為、実質5ヶ月間
20062121~42話ただし4~7月の間休載宣言
20071043~52話
2008553~57話
2009258,59話12月現在

[編集] ストーリー

[編集] 第1章 遺産の章

レガシー・リーガレット編(0~5話, 2005年8月13日~28日)
父親を失った少年レガシーのもとに、父親の元部下と名乗る男が現れる。
男はレガシーが父親の死後受け取ったカードの秘密を明かし、男の所属する組織にスカウトした。そのカードは、呪文を唱えることで中に封じられている魂『セイント』を呼び出し、命令させることのできる魔力を持ったカード『サモンカード』であった。
レガシーはスカウトに応じ、サモンカードの世界へと赴くことになるが、その理由は父親の後を追いかけるというものではなく、ただ単純な好奇心からであった。

[編集] 第2章 女王の章

アンリ・ハイウィス編(6~12話, 2005年9月5日~25日)
引っ込み思案な少女アンリは、ある夏の日にサモンカードを拾った。
その日からサモンカードに封じられたセイントが彼女の唯一の心の拠り所となっていたが、幸か不幸かそれが彼女が絶望の闇へと引き込まれてしまうきっかけになるのだった。

[編集] 第3章 急襲の章

レイド・クローバル編(13~23話, 2005年10月2日~2006年1月30日)
幼き頃よりサモンカードに触れ、その組織と世界に身を置き活動を行ってきた青年レイド。
まだ若いが、サモンカードユーザーとしての経歴は長く、組織の中でもその実力はたしかなものだった。しかし、自らがスカウトした少年の起こした事態により状況は一変。その事態の収束のために動き出さざるを得なくなった。

[編集] 第4章 子供の章

ミルシー・グラスダート編(24~33話, 2006年2月22日~8月19日)
何故か生まれつき不思議な能力を持っている少女ミルシー。
みなしごだった彼女はその力に溺れ、夜の街で残虐行為を繰り返してきた。しかしある夜、その能力が通用しない男に出会うことになる。
そして告げられる彼女の出生の衝撃の事実。それを知った彼女は…。

[編集] 第0章 インサイド・ジャンクション

シエスタ・シモンズ編(文藝新都にて完結, 2005年10月24日~2006年8月31日)
独立タイトルの為、章タイトルより該当作品記事を参照

[編集] 第5章 螺旋の章

フェルシー・キルナリエ(34~54話, 2006年9月5日~2008年6月30日)
組織に所属するサモンカードユーザーの持つカードのセイントであるフェルシー。
彼女は昨今の現状の把握のため、レガシー達の通う学校に潜入する。そこで知らされる重大な事実、失踪、覚醒…
一体、何が正しいのか…何を信じればいいのか…
彼女は、誰よりも何よりも、確かな情報を真実を欲していた。

[編集] 第6章 双頭の章

ヴェルサス・シモンズ編(55話~, 2008年10月3日~現行連載中)
サモンカードに対して憎しみをいだいている少年、ヴェルサス。
その呪われた力と持ち、かつて身を置いていた組織との決着をつける為、決戦の地へ赴く

[編集] 用語

下記リンクを参考

[編集] 登場人物

下記リンクを参考

[編集] 参考項目

[編集] リンク