カンニング・スタンツ

提供: NeetshaWiki
移動: 案内検索

『カンニング・スタンツ』とはコロラド"十段"ひろしによるWeb漫画である。『月刊コミックニート』にて2011年03月より連載。


カンニング・スタンツ
作者名 コロラド”十段”ひろし
掲載誌 月刊コミックニート
概要 歴史大河ドラマンガ
掲載期間 2011年〜
サイトURL http://neetsha.in/10437




[編集] 作品情報

紀元前3世紀の終わりごろ、
古代中国世界で繰り広げられた楚漢戦争-いわゆる「項羽と劉邦」の時代に取材した歴史マンガ。


[編集] あらすじ

始皇帝により中国史上初の統一帝国となった秦(しん)。
しかし、絶対権力者であった始皇帝の死後、中国全土で秦に対する反乱が湧き上がる。
かつて秦に滅ぼされた楚(そ)の兵士であった主人公・季布(きふ)は、
母国・楚と、そしてなにより自分自身の復活のため、ふたたび戦火に身を投じることとなる。


[編集] 登場人物

季布(きふ)
主人公
元は楚の軍人であり、当時の主君であった項燕(こうえん)将軍の遺児・項梁(項梁)に仕えるべく、落ちぶれた身を奮い立たせる。
項梁(こうりょう)
かつて斜陽の楚を支えた名将・項燕の遺児。
楚国を復興を目論み、呉(ご)の地に雌伏する。
項籍(こうせき)
字(あざな)は羽(う)。
項燕の孫であり、項梁は叔父。若年ながら才気あふれる豪傑。
劉邦(りゅうほう)
沛(はい)の役人であったが、反乱のどさくさに巻き込まれ、仲間とともに蜂起することとなる。
どこにでもいる庶民の出身だが、驚異的な生命力で徐々に頭角を表していく。
陳勝(ちんしょう)
秦の辺境防衛のために駆り出された日雇い農民。
ひょんなことから中国史上最初の農民反乱指導者となる。
始皇帝(しこうてい)
中国史上初の皇帝。とても偉大。
このマンガは始皇帝死後の物語のため、すぐ死ぬ。
章邯(しょうかん)
秦の大臣。統一以前は李信(りしん)将軍配下の軍人であった。
ふとしたきっかけにより反乱軍討伐の将軍に抜擢されてしまう。
韓信(かんしん)
成人しても定職につかず、大戦略家になる夢を追いかけて郷里を飛び出した青年。
だが現実は厳しく、出世はおぼつかない。