えりえる

提供: NeetshaWiki
移動: 案内検索

えりえる新都社web漫画作家。代表作は『リバース』。

目次

[編集] 来歴

えりえる氏と地球誕生の歴史
先カンブリア時代 (46億年前 ~ 5億4200万年前)
46億年前 地球誕生。
それと同時期に神の子えりえる氏も誕生する。
太陽系の隕石や月の岩石の生成年代から
この頃、原始地球が形成されたと考えられている。
月の形成時期も、45億5千万年前とされる。
月の形成仮説の1つとして、地球に微惑星が衝突して形成されたとする
ジャイアント・インパクト説がある。
が、実際の所は、えりえる氏の手によるものである。


44億年前 - 現在、知られている最古の岩石鉱物が現れる。
西オーストラリア州のジャック・ヒルで発見された
ジルコン粒子のうち最古の物(44億0400万±800万年前)。
もっとも、これはえりえる氏が戯れに作った当時のフィギュアである。


海の形成。
38億年前 - 現在、知られている最古の堆積岩が現れる。
グリーンランドのイスア地方(約38億年前)など。
堆積作用があったことから、この頃には海が存在していたと考えられている。
えりえる氏「熱かったので、泳ぎたくて海を作ってみた。」
その2分後に飽きて放置した話はあまりにも有名である。


40億年~38億年前 - この頃、原始生命が誕生したと考えられている。→生命の起源
後年、えりえる氏はこう語った。
「寂しかったもので^^;
ついつい作ってみたけど失敗した」と。


32億年前 - 光合成をする生物が現れる。藍藻 (シアノバクテリア)。
ストロマトライトとして痕跡を残した。
ストロマトライトはシアノバクテリア の活動で形成された岩石。
また、これよりも古い時代とする説もある。
遅くとも32億年前までには光合成をする生物が現れ、海中に酸素を供給しはじめた。
「なんていうかさ、光ってうまそうじゃね?」
この素晴らしい発想によって、生まれたのは
民明書房から発行されている
「うはwww光うめぇwww」に記されている。


27億年前 - シアノバクテリアが大量発生。
この頃のシアノバクテリアの化石が大量に見つかっている。
えりえる氏の発言によると
「空気うめぇwwwww」
これにより、酸素の供給量が増加。


25億年前 - 縞状鉄鉱層が形成される。
およそ19億年前まで続き、これ以後は形成されなくなる。
シアノバクテリアの活動で海中の酸素量が増加し
海中の鉄イオンが酸化して沈殿したため形成されたと考えられている。
が、えりえる氏が、飽きてしまった為と考えるのが妥当な所である。


24億年前~22億年前 - 現在分かっている最古の氷期。→ ヒューロニアン氷期
「氷うめぇぇwwwwww」
えりえる氏は後にこう語っており
この時にかき氷が既にあった事は
全世界の学会を驚愕させたのは、あまりにも有名である。


20数億年前? - 大気中の酸素の増加。
海中の鉄イオン濃度の低下で
余剰となった海中の酸素が大気中にも多く供給されるようになった。
「ごめん、屁こいた/////」
この事からも、えりえる氏のおちゃめな一面がかいまみれる。


20億年前 - 現存する最古かつ最大の小惑星衝突 → フレデフォート・ドーム
えりえる氏著「イチロー、マジパネェwwww」によると
えりえる氏の投げたボールを
イチローが打ち、そのホームランボールが
地球に衝突したらしい。


20億年~19億年前 - 最初の超大陸出現か?
大陸移動説によれば、大陸は数億年程度の周期で
離散集合を繰り返していると考えられ
この頃、ヌーナ大陸と名づけられた超大陸が出現したと考えられている。
この事に関して、えりえる氏は
「そろそろ、地に足をつけた生活がしたかった。」と語っている。


8億5千万年前頃 - この頃の1年は約435日。
ストロマトライトからの計測結果による。
→ ジャイアント・インパクト説
えりえる氏著 発行民明書房刊
「イチロー、マジやべぇwwwwww」
の一文で、イチローにリベンジしたけど負けたと残している。


8億年前~6億年前 - 大規模な氷河時代であったとされる。
雪球地球 (スノーボールアース)仮説。
「ゲレンデが溶けるほど恋したかった。」
と、えりえる氏が涙ながらに語ったのは
あまりにも有名で、その時、落ちた涙が今の北極圏にあたる。


生命の多様化、カンブリア爆発
10億年~6億年前 - この頃、多細胞生物が出現したと考えられている。
「やっぱ、単細胞うぜぇしwwww」
笑いながらそう語るえりえる氏に
世界中が癒され、第二次世界大戦が終結したのは
あまりにも有名である。


6億年前~ - カンブリア爆発と呼ばれる生物の多様化が起こる。
短期間 (約1000万年の間) に生物の種類を多く増やした。
この頃から多くの化石が発見されるようになる。
「まぁ、この時は嫁と色々あってさ…」
そう、寂しそうに語るえりえる氏の後ろ姿が
小さく見えたのは、ローマ法王も認めている。


古生代 (約5億7000万年前 - 約2億5000万年前)
約5億3000万年前 - バージェス動物群、バージェス頁岩
三葉虫などの生物が現れる。
この時の様子はえりえる氏が監督を務めた映画
「HAGAAAAAAAAAAAA!!!!!!」
で再現されており、全米興行収入歴代第1位にもなっており
この記録は未だに破られていない。


4億3千年前頃 - 生物の大量絶滅(オルドヴィス紀末)。
「むしゃくしゃしてやった。今は反省している。」
えりえる氏は、優しく微笑みながらそう語った。
この笑みで、多くの女性が妊娠したのはあまりにも有名で
世界中の男性が涙を流したが
「えりえるなら仕方が無い」と、10秒後には笑っていた。


4億年前 - 陸上植物が出現。
アンモナイトが現れる。
北海道もアンモナイトの世界的な産地の1つで
約1億年前頃の化石が多く発見されている。
えりえる氏は
「ごめんwwヘビーウェザー使ったwww」
と、語っており、氏が同時に数種類のスタンドを扱えることが
科学的に証明されたのもこの時期である。


温暖期
氷河の消滅。この頃、大森林が各地に形成され石炭の元になったとされる。
地質時代では石炭紀という名称がついている。
「だって、さみぃしwwww」
えりえる氏は、意外と寒がりな様だった。


3億6千万年前 - 生物の大量絶滅(デヴォン紀後期)。
「つい、カッとなってやった。殺意は無かった。」
えりえる氏のおちゃめな一面がここにも垣間見える。
これが、氏の魅力的な部分だ。
この魅力に全世界の女性および16歳未満の男の子達が塗れた。


3億5千万年前~2億5千万年前 - 大規模な氷河時代だったとされる。
「ぼたきゅんに逢えなくて…」
と、寂しそうに語るえりえる氏に全米が涙を流した。
この時のことを、えりえる氏の妻である
ぼたもちきゅんは
「受験で忙しくて…
 でも、えりえのこと、大好きだよ////」
と、語っており、仲の良さは相変わらずである。


3億年前 - 昆虫が拡大。
ゴキブリもこの頃に出現。身近な生きている化石とされる。
「まじ、うぜぇwwwwwww」
どうやら、えりえる氏の関与しない所で発生したようだ。


2億5千万年前 - 生物の大量絶滅 (ペルム紀)。
地球史の中で何度か生じた生物の大量絶滅の中で最大とされる。
海生生物のうちの95から96%、全ての生物種で見ても
90%から95%が絶滅したとされる。
→ P-T境界
「モニタが黄色くなったので頭にきた。」
と、笑いながら語る、えりえる氏の笑顔が印象的だった。


中生代 (約2億5000万年前~約6500万年前)
恐竜の出現。中生代を通して恐竜が繁栄。
この時のことは、えりえる氏著
「俺の股間はジュラシックパーク」
に詳細に語られいてるので
そちらを参考にすると良い。


2億2千万年前 - 生物の大量絶滅 (三畳紀末)。
「LV1321の忍者がロストしたので…」
と、語っていることから
えりえる氏のwiz好きが明らかにされた。


2億2千万年前 - マニコーガン・クレーターの形成。
カナダにある北アメリカ最大のクレーター (直径約100km)。
えりえる氏とイチローの3度目の対決である。
「やっぱ勝てねぇわwwwマジパネェwwwwwww」
と、えりえる氏が驚愕していることからも
イチローがいかに凄いかが良くわかる。


2億年前 - パンゲア大陸の分裂がはじまる。
「あれ?大陸動いてね?wwwwww」
えりえる氏が唱えた、大陸移動説、プレートテクトニクス説による。
2億5000万年前頃に諸大陸の衝突で1つに固まっていた
パンゲア大陸が再び分裂をはじめ、現在の大陸の姿へと徐々に変化しはじめた。


1億5千年前 - 始祖鳥。
2億年前? - 哺乳類の出現。
「焼き鳥うめぇwwww」
えりえる氏は、砂肝が一番の好物である。


1億年前 ~ 1000万年前
恐竜の全盛時代。
約7000万年前 - インド亜大陸とユーラシア大陸の衝突。
プレートテクトニクス説によれば
インド亜大陸の北上でユーラシア大陸と衝突したことにより
約2500万年前頃からヒマラヤ山脈の形成がはじまったと考えられている。
えりえる氏とイチローの4度目の対決であるが
やはり、イチローが勝利した模様。


6500万年前 - 生物の大量絶滅 (白亜紀末)。この頃、恐竜が絶滅。
隕石の落下による環境の激変を原因とする説が有力と考えられている。
→ K-T境界、チクシュルーブ・クレーター
「勝てるわけねぇよwwwwwwww」
イチローに5度目の敗北を喫した瞬間である。


新生代 (約6500万年前 - 現代)
霊長類の出現。
約5500万年前に現れたアダピス類が初期の霊長類と考えられている。
これより前の約7000万年前に北米に出現した
プレシアダピス類のプルガトリウスを最古とする考え方もある。
だが、霊長類を作ることに没頭し
毎日の夜の生活を2日放置した為
妻であるぼたもちきゅんが怒り
約4000万年前 - 南極大陸で氷河の形成がはじまり、徐々に寒冷化した。
これ以前は非常に温暖な時期だった。→古第三紀、海水準変動


約2500万年前 - アルプス・ヒマラヤ地帯などで山脈の形成がはじまる。
テチス海が消滅し、造山運動により隆起。→ 新第三紀、Geology of the Himalaya
「ぼたきゅんが山に登りたいって言うから
 作ったんだお^^」
つくづく、妻であるぼたもちきゅんには
甘い、えりえる氏である。


2500万年前 - 最古の類人猿と思われる化石?
アフリカのケニヤで発見された。
「後の豊臣秀吉である。」
えりえる氏は、こう語っている。


約2000万年前 - 現存する最古の湖の形成。
バイカル湖、タンガニーカ湖。→ 古代湖
えりえる氏は照れながらこう残している。
「ぼたきゅんと湖でいちゃいちゃしたかったんだお/////」


1600万年前頃 - 大和三山の内の畝傍山や耳成山が
二上山もこの頃火山活動していた。
「ぼたきゅんが生理らしくてイライラしてて
 すごく怖かったお><」
さすがのえりえる氏も妻であるぼたもちきゅんには
頭があがらないようである。


約1500万年前 - ヨーロッパに隕石が落下、クレーターを形成する。
現在のドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州にあるリース隕石孔
シュタインハイム・クレーター。
イチローとの6度目の対決。
またも惨敗。
「高速スライダー覚えたけど無理だった。」
イチローの活躍は相変わらずである。


1300万年前 - この頃からヨーロッパ、南アジア、東アジアなど
ユーラシア各地にも類人猿の化石が現れる。
「あー、そんなのも作ったなぁー。」
えりえる氏も
この時のことはあまり覚えていないようである。


1000万年前 ~ 100万年前
1000万年~500万年前 - アフリカでグレート・リフト・バレーの形成が始まる。
人類誕生に大きな影響を与えたとする説がある。
「そろそろ人類の出番じゃね?ww」
このきまぐれにより、我々人類が誕生したことは
あまりにも有名である。


推定約600万~400万年前 - 琵琶湖の形成。
琵琶湖は世界に現存する湖の中では3番目に古い湖と考えられている。
「ここで、僕とぼたもちきゅんが出会ったんだお^^」
と、恥ずかしそうに語るえりえる氏を見た
女性達が世界中で妊娠した。


約600万~500万年前 - この頃、ヒトとチンパンジーが分化したとされる。
ヒト亜科とチンパンジー亜科の分岐。ヒト上科参照。
猿人の出現。直立二足歩行の開始。
アウストラロピテクス (猿人)
最初の人類とされる。
「うはwwwwきめぇwww」
と、笑っているえりえる氏がエジプトの石版に残されている。


約250万年~約180万年前 - この頃、石器の使用がはじまった。
オルドヴァイ文化、オルドワン石器
「まぁ、これくらい使えないとね^^」
えりえる氏は
まるで子供達に道具の使い方を教える
教師になったようだとも語っている。


約170万年前 - 伊豆半島が本州に衝突。
「ごめんwww貧乏ゆすりしたwww」
えりえる氏の貧乏ゆすりはマジパネェ。


100万年前 ~ 10万年前
約78万年前 - 最新の地磁気の逆転。
地球磁場は10~100万年ぐらいの不規則な周期で何度も逆転している。
この頃の逆転がもっとも最近のものである
(ブリュンヌ期、約78万年前~現在)。
これより前の逆転は約250万年前(松山期、約250万年前~約78万年前)。
なお、松山期には数回の地磁気逆転イベントが存在する(約100万年前のハラミヨ亜期など)。
「恋はきまぐれだからね。」
一色に浮気しそうになった、と内緒で教える
えりえる氏は、ぼたもちきゅんには秘密だ、と語っていた。
目がマジだった。


概ね70万年前頃
この頃から10万年周期の気候変動が見られるようになる(詳細は氷期・間氷期を参照)。
「そんくらいでいんじゃね?」
と、一色が言うから
「じゃあ、それで」とえりえる氏が決めた。


約50万年前 - 北京原人。
後に、えりえる氏が10秒で作り映画化もされた。


約23万年前 - ネアンデルタール人の出現。
この頃、温暖期のピーク。
この後、緩やかに寒冷化へと向かい、14万年前頃に氷期のピークとなった。
「あの時のぼたもきゅんはマジ怖かった…」
と、浮気がばれたことを赤裸々に語るえりえる氏の目は
まるで悪魔でも見たかのように震えていた。


約20万-19万年前 - ホモ・サピエンス (現在のヒト) の出現。
アフリカに出現、10万年前頃にユーラシア大陸にも拡大したと考えられている。
「ぼたもちきゅんが怒ってて寂しくて…」
えりえる氏も相当寂しかったと思われる。


約14万年前 - 氷期 (リス氷期) のピーク。
この後、急速に温暖化へと向かった。
「もう、浮気なんてしないよ。」
そこには、仲良く手を繋いで歩く
ぼたもちきゅんとえりえる氏の姿が。


約13万-12万年前 - 温暖期のピーク。
現在よりも温暖であったと考えられている。
この後、急速に寒冷化し、約11万年前頃から緩やかに上下を繰り返しながら
徐々に氷期へと向かった。
約2万年前頃がもっとも最近の氷期のピークとなった (ウルム氷期)。
「隠していたエロ動画がばれたwwwww」
そう語るえりえる氏の
右頬が異常に腫れていたのが印象的である。


10万年前 ~ 1万年前
紀元前10千年紀以前も参照。
約7万3000年前 - スマトラ島のトバ火山の大噴火。
スマトラ島のトバ湖はこの時の噴火によって形成されたカルデラ湖。
ここ10万年ほどでは最大級の噴火とされ、地球の気温が数年間3~3.5度低下した。
ヒトのDNAの解析によれば、7万年ほど前に人類の人口が一万人以下に激減し
遺伝的な多様性の多くが失われ現在の人類につながる種族のみが残った
「ボトルネック効果(遺伝子多様性減少)」があったと考えられるが
これがトバ火山の大噴火に関連すると考えられている。
→ トバ・カタストロフ理論 wikipedia英語版
「今度は、ショタ漫画ばれたwwwwww」
えりえる氏の顔が青紫色に変色していたことに
著者は恐怖を覚えたのがとても印象に残っている。


約5万年前 - クロマニョン人。
後の黒江である。


約5万年前 - 隕石の衝突でバリンジャー・クレーター
(アメリカ・アリゾナ州) が形成される。
イチローとの7度目の対決。
フォークを覚えたえりえる氏であったが
またしても惨敗。


約3万年前 - ネアンデルタール人がこの頃絶滅。
最古の洞窟壁画
現在知られている古いものでは、南フランスのショーヴェ洞窟壁画
(約3万年前?)がある。
また、ラスコー (約1万8千年~1万6千年前)
アルタミラ(約1万4千年~1万3千年前)など多くの洞窟壁画がある。
「また、一色との情事がばれて…」
えりえる氏の顔は、もはや原型をとどめていなかった。


約3万年前~2万年以前 - モンゴロイドがアメリカ大陸に渡る。
氷河期の時代にベーリング海峡は地続きになっていた。
この頃、ユーラシア大陸から無人のアメリカ大陸に人類が移り住んだと考えられている。
約1万年前頃までには、南アメリカ大陸の南端地域まで到達した。
→ アメリカ州の先住民族参照。
「別居し始めたんだお。ごめんお、ぼたもちきゅん><;」
えりえる氏は、そうとう参っていたようだ。


25000年前頃 - 姶良火山が大爆発を起こす。
謝りにいくも、ぼたもちきゅんの怒りは収まらず
えりえる氏が生きて帰ってこれたのが奇跡である。


約2万年前 - ウルム氷期 (最終氷期)のピーク。
海面が現在よりも 100m から最大で 130m ほど低かったと考えられている
(海水準変動を参照)。その後、温暖化と寒冷化の小さな波をうちながら
長期では徐々に温暖化に向かった。
「やっと、許してくれたおっおっお(^ω^)」
この時のえりえる氏の笑顔は素晴らしいものがあった。


約1万6千年前 - 東南アジアにあったとされる
スンダランドが、海面上昇により徐々に後退。
海面の上昇により、他にも、アラスカとロシアの間にある
ベーリング海峡 (氷期には陸続きだった) の海没や
大陸と地続きだった日本も徐々に島化が進んだ。
「大陸うぜぇしwww」
えりえる氏のきまぐれだったようである。


約1万4千年前~約1万年前 - この頃までにイヌを飼い慣らしたと考えられている。
後の犬野郎である。


約1万2千年前 - この頃は、こと座 (七夕の織り姫星付近) が北極星だった。
地球の歳差運動により、北極星は25,920年周期で変化している。
約1万2千年前 - ナイアガラ滝の形成がはじまる。
解凍した氷河の水で滝の形成がはじまった。
初期の滝は現在より10kmほど下流にあり
年1mほどのペースで後退しながら現在の姿となった。
この時期にえりえる氏がぼたもちきゅんに語った
「1万年と2千年前から愛してる」は
全世界に残る名言である。


1万年前 ~ 現在
約1万年前 - この頃、最後の氷期 (最終氷期) が終わったとされる。
約1万年前、この頃、ヨーロッパ中部の火山活動が終息へ
アイフェル高地(ドイツ・ベルギー)や
中央高地(フランス)の火山活動がおおむね終息。
ピュイ=ド=ドームは約8,000年前まで活動を続けた。
農耕革命 (農耕の開始)
人類史上、重大な事件の1つとされる。
日本、縄文時代へ。
先述のえりえる氏の愛の言葉が
ぼたもちきゅんの心の氷を溶かしたのである。


前5300年頃(calBC、暦年補正) - 鹿児島南方の鬼界カルデラで大噴火。
日本周辺でここ1万年間の火山活動の中では大規模なものとされている。→テフラ参照。
「二人の愛が燃え上がったんだお/////」
昨日はお楽しみだったようです。


前5000年頃~前3000年頃 - 完新世の気候最温暖期
この頃、海面は現在よりも数メートル
(4mから10mまで諸説あり)程度高かったと考えられている。
→ 海面上昇、縄文海進
「ラブラブだお////」
二人の愛で地球が癒された瞬間である。


前3000年頃 (5000年前) 初期の文明が現れる。
古代エジプト文明、メソポタミア文明など。
人為による環境破壊がそろそろ表面化
塩害、塩類集積、森林破壊、レバノン杉など参照。
紀元前後 古代ローマ、漢などの古代帝国が出現。
アテムが誕生したのもこの頃である。
中世は比較的温暖な時期だったとされる。→中世の温暖期


1054年 かに星雲の超新星爆発が観測される。
多くの史書に記録されている。日中でも観測できるほどの明るさに輝いたとされる。
「あなたの子よ…」
ぼたもちきゅんとえりえる氏の間に第一子が誕生。


14世紀半ば - ヨーロッパでペストの猛威。
一説では人口の3割近くを失ったとされる。
「ごめんwwwwパープルヘイズしまい忘れたwwwww」
えりえる氏のおちゃめな一面である。


14世紀半ば~19世紀半ば - 小氷期とされる。
「子育て難しくて悩んでたんだお^^」
優しく語るえりえる氏の瞳には
妻と子供への愛情が見て取れた。


16世紀半ば~17世紀初頭 - 太陽黒点の活動が低下 (マウンダー極小期)。
最近のものでは、もっとも活動が低下した時期とされる。
アメリカ大陸への移民が活発。
「さすがに、一日4回の性生活にちょっと疲れて/////」
おさかんである。


18世紀後半 - ヨーロッパで産業革命がはじまる。
エネルギーの大量消費時代がはじまる。
「無駄遣いよくない!!」
と、ぼたもちきゅんに怒られた、と
えりえる氏は語る。


1908年 ツングースカの天体衝突
シベリアのツングースカで彗星か隕石と思われる天体が落下し大爆発を引き起こした。
近年の天体衝突では比較的大規模なもの。
仮に数時間ずれていたら、ヨーロッパに落下していた。
イチロー氏との最後の対決である。
結果は言わずもがなである。


20世紀 - 人口の爆発的増加、砂漠化、地球温暖化や資源枯渇の懸念。
「このままでは、人類が危ない。」
えりえる氏が地球のピンチを訴えるも
愚かな地球人類は耳をかさなかった。


21世紀 - 新エネルギーの開発と実用化。バイオ技術の発展。多極化する世界。
「今こそ、人類は己の置かれている立場について
 もう一度よく考える必要がある!」


そして、えりえる氏、ぼたもちきゅんが
新都社に降臨し、漫画の連載を始める。


しかし、まだ人類は
自分達が置かれている現状に気付いてはいない………。

[編集] 人物

  • 週刊少年VIPにて2007年7月31日よりカード漫画の連載を開始。
  • 美少年が大好きだがショタではない。←ここ重要。
  • ボーイズラブが好き。

[編集] 13の質問

編集部『【作者陣に】13の質問【聞く】』より

337 :以下、VIPにかわりまして新都社でお送りします。 [sage] 投稿日:07/05/15(金) 12:14:20 ID:qal3+TrI

【名前の由来】
エロゲ製作スレの絵里担当だったから
元、ゲイスレのコテ
知っている人も何人かいた。
【よく見る漫画、小説、アニメ】
テレビはぜんぜん見ない。
BL漫画大好き。
漫画本が家に3000冊くらいある。
【よく聴く音楽】
最近、もすかうが頭の中にループしてる。
あとは、アニメの曲ばっかり。
【作品は何をモチーフにした?】
マラセルクがベルセルク
リバースは、なんだろう?
地区大会→全国大会→世界大会→ライバルとの世界戦みたく
リングにかけろみたいになれば^^
【作っている中で苦労すること、楽しいこと】
マラセルクは、楽しい^^楽だし。
リバースはヤバイ。マジでキツイ。
コミスタ→フォトショ、スキャナとか
いろいろなことをフル稼働wwwwwww
☆【漫画なら、ペンタブは何を使用してる?】
ペンタブはいんてゅおす2。
☆【小説なら、プロットなどはどこに書く?】
プロットはなしで、書きながら調整
【新都社で好きな作品】
スクールライフ


おかっぱな美少年がいれば食いつく。


【作品PR】
遅筆でつががんばりまつ^^
【最後に一言】
黒田くんとぼたもちくんは、僕の嫁^^

[編集] 作品

[編集] リンク